家を購入するなら今

マイナス金利は住宅購入にプラスの影響を及ぼします。マイナス金利は民間金融機関が日本銀行に預ける際に得られるはずに金利を預金者が払わなければならないような状況のことです。民間企業は日銀にお金を預けるかわりに株式投資や企業への貸し付けを行って市場へとお金を回すようになりました。このことで住宅ローンの金利も低下しました。これは住宅を購入するチャンスです。また、2020年には東京オリンピックが開催されます。これに向けて物価は上昇することが見込まれ、家を売る場合は購入した時よりも高い価格で売れる可能性があります。その中でもタワーマンションは人気で今後も価格が上がっていくことでしょう。また物価はオリンピック開催まで上昇し続けると考えられているので、家を買うなら物価がさらに上昇する前に、できる限り早いほうがいいのです。消費税増税も懸念され、購入を焦る方も多いですが、その点においては急ぐ必要はありません。住宅ローン減税、すまい給付金、住宅資金贈与の非課税制度などのサポートが適用されるはずなので心配はいらないでしょう。さらに、現在日本の地価は上昇傾向にあります。今後も徐々に価格が上がっていくことが見込まれるので購入を検討されている場合は早めに決断するのがいいかもしれません。