家を買う前に知っておくべきこと

建ぺい率は敷地面積に占める建築面積の割合のことを指します。容積率は敷地面積における延べ床面積の割合です。どちらも地域などによって制限があり、この二つの要素が家の大きさを決めるので自分で勝手に家を大きくすることなどできないのです。

用途地域は住宅・商業・工業など、その土地土地の土地利用を定めたものです。土地の使用用途の混在防ぎ、生活環境や利便性を安定させるために定められました。用途地域で住宅地域と指定されている中でもいくつかの種類があります。第一種低層住居専用地域は2階建て以下の低層住宅の地域です。小中学校や小さいお店などが建設できるエリアです。第二種低層住宅専用地域はこちらも低層住宅向けの地域で、小中学校やコンビニといった150㎡以内の店舗が建設可能です。第一種中高層住宅専用地域は3階建て以上の中高層住宅のためのエリアです。大学や病院、500㎡以内の店舗を建設できます。第一種住宅地域は3000㎡以内の店舗、事務所、ホテルなどが建設可能です。第二種中高層住宅専用地域は病院、大学や1500㎡以内の店舗や事務所を建てられます。第二種住宅地域は事務所、ホテル、カラオケ、パチンコや1000㎡以下のの店舗を建設できます。小規模な工場も建設可能。準住居地域は道路の沿道で店舗、映画館、倉庫などを建設できるエリアです。